購入からリサイクルまでの流れ

>

違法投棄も含めて今後の課題もあります

違法投棄や放置自動車はなくなるか

年間処分が350万台ともいわれている車の廃棄処分ですが、まだまだ不法投棄があるのだが現状です。
その為リサイクル法ができたのですが、これが徹底されることが私たちの済む地域や国、世界を守ることにもつながるのです。
いったいこの放置されている車を減らすのにはどの様な対策がなされているのでしょうか。
近所に、或いは駐車場にいつまでも置いてあるボロボロになった車はどの様に対処したらいいのでしょうか。
自分の所有地であれば警察に連絡して調べてもらうことが可能です。
しかしながら状況によっては警察に連絡したからと言って即座に解決するわけではありません。
直接犯罪につながっているのでない限り「民事不介入」と言って警察が介入できないという法律があるからですね。

放置自動車の具体的個人の対処方法

ではどのように対処したらいいのでしょうか。
陸運局に直接確認することができます。
車のナンバーから確認するのですが、これは個人情報になりますから、直接訪問すること、電話などでは対応してくれません。
問い合わせた本人の身分証明書や現状の写真なども必要です。

問い合わせ先としては普通乗用車と軽自動車では違ってきますから注意しましょう。
法的処分に至るまでには放置した期間、撤去開始日など記録をしておき、持ち主が明確になったらまず内容証明書を郵送することが必要です。
それに対して応答がない場合簡易訴訟を起こすなど手順があります。
迷惑を被っているのに手続きが大変でそのままにしてしまう人が多いのも頷けますね。
放置自動車なのに後々訴えられることもあるからです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る